【XM】口座種類の違いと特徴を比較!初心者におすすめの口座種類とは

XM
2021年12月6日

XMには・マイクロ-口座・スタンダード口座・ゼロ-口座の3つの種類があり、口座開設時にどの種類にするのか選ぶことが可能です。

どのように取引をしたいのかによって、選ぶ口座種類が変わってきます。

マイクロ-口座

マイクロ-口座は最小取引金額が※10円から(MT4の場合)と、デモトレード感覚で海外FX取引に慣れていきたい人向け。慣れれば1,000通貨、1万通貨での取引も可能です。

※米ドル/円レート:100円とした場合

スタンダード口座

最小取引金額が※1,000円からと、FXではスタンダードな取引単位から始められます。初心者の方は1,000通貨、1万通貨あたりからの取引がおすすめです。

※米ドル/円レート:100円とした場合

ゼロ口座

ゼロ-口座の特徴はスプレッドがマイクロ、スタンダード口座より狭い点です。スキャルピング取引をメインとしてる人には有利な口座ですが、各種ボーナスがないデメリットも。

初心者の方は、口座選びに迷ってしまうかもしれませんが、筆者のおすすめは【スタンダード口座】です。

各口座種類の違いと特徴、スタンダード口座が初心者の方におすすめな理由について解説したいと思います。

\ 入金不要 / \ 無料 /

XMの口座種類の違いを一覧で比較

XMトレーディングの口座タイプを一覧表で比較してみます。

口座タイプ マイクロ スタンダード ゼロ
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
ボーナス付与

・入金ボーナス

・口座開設ボーナス

・XMP付与

・入金ボーナス

・口座開設ボーナス

・XMP付与

・入金ボーナス 
ロット単位 ※ 1,000通貨 10万通貨 10万通貨
最小ロット数 ※

0.01(MT4)

0.1(MT5)

0.01ロット 0.01ロット
最大ロット数 100ロット 50ロット 50ロット
スプレッド 変動 変動 変動

平均スプレッド

(米ドル/円)

変動

1.6~1.8pips

変動

1.6~1.8pips

変動

0.0~0.3pips

最低入金額 約500円~ 約500円~ 約1万円~
取引手数料 無料 無料 片道5通貨
注文方法 STP STP ECN
口座タイプ マイクロ スタンダード ゼロ
ゼロカット あり
残高マイナス追証 なし
最大ポジション 200ポジション
スキャルピング
両建て
複数口座開設
口座維持手数料 無料
入出金手数料 無料
ロスカットレベル 20%
マージンコール 50%
口座資金分別管理 あり

 ※ロット単位と最小ロット数

一覧表の項目で少しややこしいのが、ロット単位と最小ロット数です。

 

【マイクロ-口座の場合】

ドル円レート100円の時

ロット単位が1,000通貨ということは、1ロット=1,000通貨(約1,000円)という意味になります。

ロット単位 1,000通貨 1ロット=1,000通貨(約1,000円)

●MT4の場合、最小ロット数が0.01ロットになっていますので1,000通貨×0.01=10通貨。つまりは10通貨(約10円)が最小ロット数になります。

●MT5の場合、最小ロット数が0.1ロットになっていますので1,000通貨×0.1=100通貨。つまりは100通貨(約100円)が最小ロットになります。

 

【スタンダード口座の場合】

ドル円レート100円の時

ロット単位が10万通貨ということは、1ロット=10万通貨(約10万円)という意味になります。

ロット単位 10万通貨 1ロット=10万通貨(約10万円)

スタンダード口座は、最小ロット数が0.01ロットになっていますので10万通貨×0.01=1,000通貨。つまりは1,000通貨(約1,000円)が最小ロット数になります。

 

開設する口座によって、取引できる最低金額が異なってくるというのを覚えておきましょう。

一覧表にして大きく分けてみると、口座種類の違いは

【マイクロ-口座とスタンダード口座】

【ゼロ-口座】

で、それぞれ特徴があることがわかります。

XMの口座の種類・詳細と特徴

次に、各口座の詳細と特徴について見ていきましょう。

●マイクロ-口座の詳細と特徴

マイクロ-口座の特徴
  • レバレッジ888倍
  • 各種ボーナス付与
  • 平均スプレッド1.6~1.8pips(米ドル/円)
  • ロット単位:1ロット=1,000通貨
  • 最小ロット:MT4の場合、0.01ロット(10通貨)約10円~
  • 最小ロット:MT5の場合、0.1ロット(100通貨)約100円~

マイクロ-口座はデモトレードを卒業して、低資金で極力リスクを少なく実践取引をしてみたい方向けの口座です。

スタンダード口座との違いは

  • ロット単位(1ロットが何通貨なのか)
  • 最大取引量
  • 最小取引の通貨単位

だけになりますので、スタンダード口座との違いはロット単位(1ロットが何通貨なのか)がポイントでしょう。

0.01ロット=10通貨(約10円)、0.1ロット=100通貨(約100円)から取引する方は、少ないと思います。

実践するなら1ロット=1,000通貨(約1,000円)からぐらいがおすすめです。

ロット数 通貨単位(※レート100円) 10pip変動の損益 30pips変動の損益
0.01ロット 10通貨 1円の損益 3円の損益
0.1ロット 100通貨 10円の損益 30円の損益
1ロット 1,000通貨(約1,000円) 100円の損益 300円の損益
10ロット 1万通貨(約1万円) 1,000円の損益 3,000円の損益

●スタンダード口座の詳細と特徴

スタンダード口座の特徴
  • レバレッジ888倍
  • 各種ボーナス付与
  • 平均スプレッド1.6~1.8pips(米ドル/円)
  • ロット単位:1ロット=10万通貨
  • 最小ロット:0.01ロット(1,000通貨)約1,000円~

スタンダード口座は取引量の多いFX上級者から、海外FX初心者の方まで全般のユーザーに対応した口座です。

マイクロ-口座との違いは

  • ロット単位(1ロットが何通貨なのか)
  • 最大取引量
  • 最小取引の通貨単位

です。

最小取引通貨単位が0.01ロット=1,000通貨(約1,000円)からなので、デモトレードを卒業した初心者の方でも安心です。

1,000通貨(約1,000円)からの取引に慣れてきたら、0.1ロット、0.2ロットとポジション量を増やしていきましょう。

ロット数 通貨単位(※レート100円) 10pip変動の損益 30pips変動の損益
0.01ロット 1,000通貨(約1,000円) 100円の損益 300円の損益
0.1ロット 1万通貨(約1万円) 1,000円の損益 3,000円の損益
1ロット 10万通貨(約10万円) 10,000円の損益 30,000円の損益

●ゼロ-口座の詳細と特徴

ゼロ-口座の特徴
  • レバレッジ500倍
  • 各種ボーナス付与なし
  • 平均スプレッド0.0~0.3pips(ドル/円)
  • ロット単位:1ロット=10万通貨
  • 最小ロット:0.01ロット(1,000通貨)約1,000円~
  • 最低入金額:約1万円から
  • 取引手数料:片道5通貨

ゼロ-口座は最大レバレッジ、ボーナス付与なしなど制限が多い口座ですが、マイクロ-口座、スタンダード口座と決定的に異なる点はスプレッドの狭さです。

スプレッドは取引手数料の一つなので、狭ければ狭いほど顧客には有利です。

またスプレッドが狭いほど、短時間、数pipsの値動きで利益を出しやすいので、スキャルピングをメインに取引する方に向いています。

マイクロ-口座、スタンダード口座と比較すると、玄人向けの口座と言ってよいでしょう。

初心者の方にスタンダード口座をおすすめする理由

まず、ゼロ-口座はスキャルピング向けの口座なので、初心者の方にはおすすめしません。

スキャルピングは実は難易度がとても高い取引方法で、初心者の方ほど損大利小の取引、つまりは損は大きく利益が小さい取引が多くなって、収益を出しづらい取引だからです。

次にマイクロ-口座とスタンダード口座ですが、この2口座はロット単位が違うだけなので悩みどころです。

筆者的にはマイクロ-口座の10通貨(約10円)、100通貨(約100円)から取引が必要かどうかがポイントになるんじゃないかと思います。

10通貨、100通貨だと、いくら実践取引といっても損益が少なすぎて、デモトレードと同じ感覚で雑に取引をしてしまうことが多くなってしまうんじゃないでしょうか。

ロット数 通貨単位(※レート100円) 10pip変動の損益 30pips変動の損益
0.01ロット 10通貨 1円の損益 3円の損益
0.1ロット 100通貨 10円の損益 30円の損益
1ロット 1,000通貨(約1,000円) 100円の損益 300円の損益
10ロット 1万通貨(約1万円) 1,000円の損益 3,000円の損益

俗に言うポジポジ病というやつで、早く利益を出したいと強く思う気持ちが焦りを生じさせて、常にポジションを持っていないと気がすまないという、初心者の方の多くがやってしまう行為です。

リスクが少ないので、どうしても常にポジションを持っていたくなってしまうんです。

筆者も経験済みですが、リスクの少なさとポジポジ病で取引が雑になるクセがついてしまい、取引回数が増えて損失を出してしまうことが多くなるという悪循環。

損益が大きければ大きいほど、取引するタイミングを慎重に見極めるはずですよね。

ですので、 10通貨、100通貨 の取引が必要か?その単位の取引はデモトレードみたくなってしまわないか?について考えてみてください。

というのが、初心者の方でもスタンダード口座をおすすめする理由です。

もちろん、マイクロ-口座に大きなデメリットがあるという訳ではありませんので、ご自身の好みで選んでいただいても大丈夫です。

スタンダード口座は、XMの口座中ではFX初心者~経験者、専業の方まで幅広いユーザーが使用している口座です。

ロットが0.01(約1,000円)からなので、リスクを限定してFXの実践経験を積むには最適な口座です。

口座開設後に注意したいこと

口座を開設した後に注意したい点は、

●90日間取引がない場合に口座が休眠、凍結、ボーナスが消滅してしまう点

です。

口座に資金が残っている場合には、休眠状態から毎月手数料が引かれてしまうので、特に注意してください。

【90日間一度も入金・取引がないと】
  • step1
    【90日後 口座が休眠状態に】
     ・口座資金が残っている場合、毎月約500円の手数料が差し引かれます
  • step2
    【口座残高が0になる】
     ・口座が休眠状態から凍結に(ボーナス消滅)
  • step3
    【口座凍結】
     ・口座凍結の場合は復活できないので、新しく口座を作るしかありません

まとめ

XMトレーディングの3つの口座の特徴、メリット・デメリットをまとめてみました。

マイクロ-口座、スタンダード口座はFX初心者、経験者向け。

ゼロ-口座はスキャルピングの口座というのが解っていただけたんじゃないでしょうか。

あとはご自身の好みによりますので、検討してみてください。

初心者の方にはスタンダード口座をおすすめします。